転職サイトの使い方

転職サイトを使うなら押さえておきたいおすすめの3大転職サイトについて

「転職サイト」と言えば、真っ先に思いつくのがリクナビNEXTマイナビ転職DODAの3つではないでしょうか。どれも長い歴史と高い知名度を誇るサイトです。どれも同じに見えるかも知れませんが、使って見るとそれぞれに長所・短所があり、サイトの方向性に違いがあるのが面白いところです。この3つを上手く使い分けることはより良い転職活動を目指す上でとても重要です。

 

 転職サイトの代名詞「リクナビNEXT」

まず、はじめにご紹介するのは“求人広告の巨人”リクルートが手掛けるリクナビNEXT。圧倒的な知名度と長い歴史をもつモンスターサイトです。求人企業の間では「リクナビNEXTに載せて採れなければ、他のサイトでも採れない」と言う定説は今でも根強いです。掲載されている求人の傾向としては、営業の求人がとても多いことが特徴でしょう。特に若手や未経験者を対象とした営業募集の多さでは右に出るサイトは有りません。

 

 リクナビNEXTのデメリット

しかし、そんなリクナビNEXTですが、機能面では他の主要サイトより劣る点が目立ちます。それは検索機能が使い辛い点です。細かい条件の設定が出来ないので、あまり自分の希望に合わせた絞り込みができません。求人数が多いにもかかわらず絞り込みができないため、実際に自分好みの求人を検索するためには大量にある求人の中なら自分に合う求人を探す作業が必要になり、これがなかなか大変です。

 

それでも、大量の求人の中から求人を探すことを宝探しだと思ってやれば楽しいかも知れないし、絞り込まないことで見落としていた運命の求人に巡り合えるかもしれないですね。どちらにしても、転職する以上は必ずお世話になるサイトです。

 

>>リクナビNEXT

 

CMでもお馴染み勢いに乗る「マイナビ転職」

現在最も積極的にテレビCMを放映しているマイナビ。イメージキャラクターも前田敦子から石原さとみに変わり、今一番、勢いを感じるサイト。そんなマイナビの特徴は「色々な面で優れている優等生タイプ」と言ったところでしょうか。掲載求人数も多く、検索機能が使い易いので、非常に使い易いサイトです。

 

また、求人の傾向として、出版などのクリエイティブ系の求人が他の主要サイトより多いように感じます。逆に登録するともの凄い量のDMが送られてくるのが少々難点ですが、これは個人設定から配信停止すれば良いので、気にせず使ってみることをお勧めします。

 

>>マイナビ転職

 

クールな魅力が満載「DODA」

最近は綾野剛を使ったクールなテレビCMが印象的だったDODA。テレビCM同様、他のサイトが赤を基調に情熱的なイメージのサイト構成であるのに対し、DODAは青を基調にしたクールなサイト構成になっています。

 

そして、クールな印象なのは画面だけではなく、取り扱っている求人もどことなく他のサイトよりクールと言うかややハイグレードな求人が多いように感じます。これは何故かと言うと、DODA上に掲載されている求人は通常の求人企業が掲載料を払って載せているサイトが中心ではあるものの、DODAの人材紹介事業部が紹介事業の求人として掲載されていることが起因しています。この辺のカラクリについては説明をし出すとややこしくなるので、ここでは説明を控えますが、そんなハイグレード求人が多いことはDODAの魅力のひとつ。

 

転職フェアも積極的に行っており、人事担当者に直接会える機会が多いこともDODAならではのメリットですね。リクナビNEXT同様、前身の学生援護会の時代から続く長い歴史を持つサイトであり、独自の求人も多数あるなど、こちらも魅力が尽きないサイトです。

 

>>DODA

 

転職サイトの正しい使い方を学ぼう

転職サイトは会社ごとによりその特色も違いますし、使い方によっては転職活動をよりスムーズに進めることができます。
レジュメ登録やスカウト機能の利用など、転職サイトをフル活用して転職を成功させましょう。当サイトのコンテンツを参考にしてください。

 

転職成功のための転職サイトの使い方

リクナビのスカウト登録は済ませておこう!


 
TOP リクナビ マイナビ DODA 転職基礎知識