人材紹介会社(転職エージェント)と出会える転職サイトの活用法

人材紹介会社(転職エージェント)と出会える転職サイトの活用法

転職サイトと言うと「受けたい企業を自分で選んで応募するもの」と言うのが一般的ですが、その他にも人材紹介会社(転職エージェント)に出会うために使う転職サイトがあることはご存知でしょうか。

 

人材紹介会社とは、求人の案内やキャリアプランについての相談、面接などの選考に関する対策などを行ってくれる会社のこと。これらのサービスは転職希望者が無料で利用出来るので、利用しない手は有りません。そこで今回はこう言った人材紹介会社の情報を専門に扱う転職サイトをご紹介しましょう。

 

リクルートエージェント

まずは大手リクナビが運営するエージェントサービス「リクルートエージェント」です。リクナビエージェントはやはり取扱求人数の多さ、コネクションの強さが売りですね。非公開求人も多く登録メリットの大きい会社です。

type転職エージェント

交渉力が強いのが売りのtypeの転職エージェントサービスです。年収アップを狙いたい人にはおすすめです。ただし、関東圏限定勤務です。

 

マイナビ転職エージェントサーチ

就職情報や転職情報で有名なマイナビが手掛けるのが「マイナビ転職エージェントサーチ」です。その名の通り、転職エージェントをサーチするためのサイトです。約300社の人材紹介会社が登録しており、その中から自分の希望業界に強そうな人材紹介会社を選ぶことが出来ます。優秀な人材紹介会社がたくさん登録しておりますので、一見の価値ありです。

 

エン転職コンサルタント

エン・ジャパンが運営するエン転職コンサルタントは歴史が古く、マイナビ転職エージェントサーチよりも前からサービスを開始していたので、この分野の老舗と言っても過言ではないでしょうか。

 

エン転職コンサルタントは35歳以上、つまりミドル層のビジネスマンやハイクラス求人を得意としています。サイトが幾つかに細分化されており、ページ上部のタグで外資系に得意やエージェントやエグゼクティブクラスに強いエージェントの専門ページを開くことが出来ます。

 

イーキャリアFA

ソフトバンクグループのSBヒューマンキャピタルが運営するのがイーキャリアFAです。このサイトは同社の転職サイト“イーキャリア”との連動がすすんでおり、どちらかのサイトに登録手続きする際、ボタンひとつでもう一方のサイトに簡単に登録できます。ソフトバンク系と言うこともあり、IT業界に強いエージェントが多いことも特徴です。

 

人材バンクネット

株式会社アイ・キューが運営する人材バンクネットも老舗サイトの1つ。登録しているコンサルタントが約3000名いるので、自分に合うコンサルタントを見付けるためには有効なサイトです。

 

良い人材紹介会社と出会うためにやるべきこと 

上記のようなサイトを利用する際には幾つか覚えておくべきポイントがあります。

 

WEBレジュメはしっかり書こう

エージェントからスカウトメールを打つ際に参考にするのが登録されいてるWEBレジュメです。しかし、このWEBレジュメの登録時に手を抜いて簡素なものを登録しておくと、あまりスカウトメールが届かない。また、優良求人の情報が届かないと言う事態になってしまいます。理由は簡単。エージェントの方も優秀な人材、各求人に適した人材をスカウトしているので、登録してあるWEBレジュメが簡素で分かり難いものだと、エージェントがスカウトしてくれないのです。

 

転職理由はしっかり書こう

企業に直接応募する際には、あまりネガティブな転職理由などは記載しない方が良いのですが、人材紹介会社に向けて出す情報には正直に転職理由を書いた方が良いでしょう。場合によっては、転職理由を参考に思いがけないようなスカウトが届くかも知れません。

 

スカウトメールはまめに確認しよう

人材紹介会社から届くスカウトメールはまめに確認しましょう。特に、人材紹介会社が扱う求人は動きの早いものが多く、スカウトメールを受けてからしばらくして返事をしたら案件が終わっていることも多いので、ぜひまめにスカウトをチェックしましょう。

 

いかがでしょうか。
上記のポイントは通常の転職サイトを使う際にも気を付けるべきポイントですが、人材紹介会社と転職活動をしたいのであれば特に気を付けるべきポイントです。これらの点に気を配り、良い人材紹介会社と良い転職が集うが出来るよう、頑張って下さい。

 

転職サイトの正しい使い方を学ぼう

転職サイトは会社ごとによりその特色も違いますし、使い方によっては転職活動をよりスムーズに進めることができます。
レジュメ登録やスカウト機能の利用など、転職サイトをフル活用して転職を成功させましょう。当サイトのコンテンツを参考にしてください。

 

転職成功のための転職サイトの使い方

リクナビのスカウト登録は済ませておこう!


 
TOP リクナビ マイナビ DODA 転職基礎知識