転職サイトの使い方

転職サイトWantedly、LinkedInの特徴・評判について

前回に続き、転職サイトの流れを変えるニューカマーについてお話ししましょう。特に今回は転職サイトと言う枠にとどまらず、インターネット業界全体の流れであるSNS化の動きについてお話しします。

SNSでのつながりが転職にどう作用するか「Wantedly」

「SNS×転職」そんな未知の領域の先頭を走っているのがこのWantedlyではないでしょうか。
https://www.wantedly.com/

 

このサイト、普通の転職サイトとして利用することもできるのですが、facebookアカウントと連動しており、繋がっている友人やフォローしている企業の属性などに合わせて情報を提供してくれるのです。通常の転職サイトは登録レジュメを基に求人情報を提供してくれますが、繋がりを基にすることで自分では思いもよらなかったような新しい求人との発見もあるのです。

 

また、求人情報を見ていても、その企業で働いている人が実名で紐付けられていて「この会社、こう言う人たちが働いてるんだ」と企業の雰囲気まで伝わってきます。これは他の転職サイトにありがちな企業紹介や社員紹介とは比べものにならないほどリアルな情報なのでとても面白いです。

 

求人ひとつ当たりの情報量も求人企業や募集職種に関する銃砲量は多いです。しかし、文章中心の情報構成で募集資格や処遇面などがイマイチ分かり辛い求人が多いことは今後の改善課題でしょうか。「ニュアンスは分かるけど具体的なことが分からない」そんな情報が多いように感じます。

 

SNSと言うやや情報感度の高い人をターゲットとしたサイトなので、掲載されている企業はITやインターネット、ベンチャー企業が多く、SEやクリエイターそしてマーケターなど求人が多い傾向にありますが、今後は他の分野の求人も増えていくことでしょう。

 

現状として「SNS×転職」の答えをまだ誰にも見えていないので、Wantedlyも「まだまだやれそうなこはたくさんある」と言うような可能性を秘めたサイトです。今後、様々な展開が期待できるサイトなので、今から使い始めてそのメリットを享受してみるのも良いかと思います。

 

ビジネスSNSの黒船「LinkedIn」

 

「SNS×転職」と言うキーワードで言えば、今一番注目されているのがLinkedInです。
https://www.linkedin.com

 

このサイト、アメリカでは既にビジネスパーソンにとって欠かせないサイトとなっておりますが、日本においては日本語サービス開始の遅れもあり、一部の外資系や英語のできる人材に利用されている現状があります。しかし、今後はこのLinkedInを活用することが人材採用の重要なツールになると各企業の人事が有効活用に向けて動き出しています。そして、人事が使う以上は、転職活動をする側も必然的にLinkedInを有効活用せざるを得ないわけです。

 

厳密に言うとLinkedInは転職サイトではありません。もともとはビジネスSNSとして、転職に限らずビジネスパートナーの募集なども含めたビジネス全般のコネクション作りのためのツールなのです。その中でも特にリクルーティング機能が注目を集めているのです。

 

LinkedInに自分の経歴を掲載しておけば、ある日突然企業から「うちの会社に入りませんか?」と言うスカウトが届くのです。これはダイレクトリクルーティングと言って、新しい採用手法のひとつとして少しずつ企業に広がり始めています。

 

ダイレクトリクルーティングについては賛否両論あり、今後どうなっていくのかは予想が付きません。従来型の転職サイトに完全にとってかわるようなシステムにはならないだろうと思いますが、転職活動をする上で覚えておいた方が良いキーワードであることは間違えありません。そんな得体の知れないイメージはまさに黒船と言う表現がピッタリなのですが、転職サイトの枠を超えた転職のツールのひとつとしてLinkedInは押さえておきましょう。

 

各転職サイトの特徴 カテゴリTOPへ

リクナビのスカウト登録は済ませておこう!


 
TOP リクナビ マイナビ DODA 転職基礎知識