元リクルート系勤務のキャリアコンサルタントが転職成功のための転職サイトの使い方のコツを紹介

転職成功のための転職サイトの正しい使い方・コツについて

転職活動中の方へ、当サイトにお越しいただき誠にありがとうございます。

 

最近では転職活動に転職サイトを使うのが当たり前の時代になってきました。ですが、どのサイトを使えばいいのか、どうやって使えばいいのか、それぞれのサイトにはどんな特徴があるのか、一つに絞ったほうがいいのか、複数に登録したほうがいいのか、転職を始めたばかりの方にはわからないと思います。

 

そういった方向けに元リクルート業界勤務の私の経験と知識を生かして、転職サイトの正しい使い方について解説していきたいと思います。転職活動をするにあたり、参考にしていただければ幸いです。

 

転職サイトの会員登録はメリットがいっぱい

さて、冒頭でも触れたとおり最近では転職サイトの活用が一般的になりました。やはり、転職を成功させるにあたり、転職サイトの利用は必要です。「転職しようかな?」と軽い気持ちで転職サイトを観覧する程度なら必要ないのですが、「よし、本気で転職するぞ。そのために求人探すぞ」となった時は利用する転職サイトに会員登録することをお勧めします。

 

各サイトによって仕様は異なりますが、求人検索設定を保存していつでも簡単に求人を見ることが出来たり、スカウトやおすすめ求人の情報が定期的に送られてくるようになります。もちろん、気になった求人にエントリーする際にも、会員登録が必要になるので、最初は面倒でも登録しておいて損はないと思います。特に近年の転職サイトは登録が簡単で職務経験の欄などは簡素なもので登録できるので、とてもお手軽です。

 

ただし、この簡素な職務経歴の登録が落とし穴であったりすることもあるので、ここについては後ほど詳しくご説明します。私は会員登録の一番のメリットは求人検索の検索条件が保存できることだと思います。

 

本気で良い求人を探し始めると転職活動もそれなりに時間がかかります。新しい求人が更新される日には新着求人を探すこともあるでしょう。そんな時に毎回、自分の希望や経験などを入れずに自分に合った求人を絞り込んで観覧できるのはとても便利です。在職中で時間がない人こそ、最初は面倒でも、会員登録をしてみては如何でしょうか。

 

登録レジュメ(職務経歴等)をしっかり書かないといけない理由

先にも書きましたが、近年の傾向として、転職サイトへの登録がとてもお手軽になっています。理由としてはスマホだけで簡単に会員登録ができるように各サイトが仕様を変更し、会員獲得拡大を図っていることが背景にあります。

 

登録が簡単なのはとても良いことなのですが、登録をおろそかにしてはいけない箇所もあります。それは登録レジュメと言われる、職務経験や希望に関する記述部分です。選択制の箇所に関しては簡単に登録できるのですが、どうしても長文を書く必要がある、これらお項目はスマホなどから登録した際に手を抜いてしまいますよね。しかしこれが落とし穴です。

 

登録レジュメは採用企業や転職エージェントが見て、登録者の能力を判断する箇所です。ここにしっかり情報を入れていないと、良いスカウトが届きません。転職にも市場原理が働いており、良い人材には良いスカウトが届き、どうでも良い人材にはどうでも良いスカウトしか届きません。

 

「サイトに登録したのにろくなスカウトが届かない」

 

と言う人は、自分をアピールできる登録レジュメをしっかり時間をかけて書いてみては如何でしょうか。きっと今までよりも良いスカウトが届くことでしょう。

 

また、スカウトだけではありません。自分で良いなと思って求人にエントリーした際、最初の書類選考はサイトに登録している登録レジュメで行われます。もうここまで書けばお分かりかと思いますが、仮に同じような能力の人がエントリーした際、適当な登録レジュメを登録している人と、しっかり自分をアピールできる登録レジュメを登録している人ではどちらが書類選考を通過するかは説明不要でしょう。
 

 

これは企業側画面から見た登録者のレジュメ。当然登録されたものが、そのまま表示され、これを元に選考をおこないます。

煩わしいDM配信は停止しよう

転職サイトに登録すると厄介なのが送られてくる帯びたらしい量のDMです。サイト登録が1つならまだしも、かなり注力して転職活動をしている時は、使っているサイトも3つ・4つと増えて、その全てからDMが届いたら、とても全部はチェック出来ません。

 

 

「スカウトが届いて」「書類選考が通過した」など重要な告知を見落とさないためにも、読まないDMは解除した方が良いでしょう。解除の方法は各サイトにログインして、個人設定画面など移れば配信停止の設定が出来るようになっているはずです。配信停止の作業も多少は手間かと思いますが、重要な情報だけを収集するために不要なものは削除する。これが賢い転職サイトの使い方だと思います。

 

各サイトの個人設定画面から不要なメール配信は停止できます。
 

どの転職サイトに登録すればいいか?

では、次にどの転職サイトに登録すればいいのかについて見ていきましょう。

 

転職サイトにもそれぞれ特徴がありますが、まずは大手転職サイトを抑えておく必要があります。

 

抑えておきたい大手転職サイト

 

大手転職サイトで評判の高いサイトは以下の3社です。

 

リクナビNEXT
 
マイナビ
 
DODA

 

3社ともCMでも同じ有名な転職サイトです。

 

3社すべてに登録するのはもちろん、取り扱っている求人やサイトの機能などが異なるというのもありますが、何よりも力のある担当者に担当してもらえるか否かという点も重要です。もちろん、あなたの経歴が素晴らしいものであれば、転職担当者の力が多少劣っていても転職はうまくいくと思いますが、そうでない場合は転職担当者の力も転職成功に影響いきます。

 

また、採用側にとっても同じです。大手とはいえ上記3社に登録してる企業もあればそうでない企業もあります。また、スカウトする側も上記3社全てをくまなくチェックしているとは限らず、一つのサイトに偏重してチェックしている可能性もあります。ですので、どのサイトも経歴をしっかり書き、アピールするようにしましょう。

 

詳しくは⇒各転職サイトの特徴分析

 

企業の情報 ブラック企業対策用の転職サイト

 

キャリコネ転職サービス

 

次に抑えておきたい転職サイトはキャリコネ転職サービスという会社です。

 

こちらはまだまだ転職サイトとしては知名度が低いのですが、このサイトは全国から企業の口コミ情報を集めていますので、あなたが転職したいと思っている企業の評判を知ることができます。実際の年収はどのくらいなのか、残業時間はどのくらいあるのか、ブラック企業ではないかといった情報のほか、面接体験談レポートもみることができるので、面接対策もできます。こちらは情報ツール用として抑えておくことをおすすめします。

 

今すぐ転職したいなら、年収をアップさせたいならエージェントを利用

今すぐ転職したい、年収をアップさせたい人限定ですが、転職エージェントを利用できるサイトもあります。

 

リクルートエージェント

 

type転職エージェント

 

マイナビ転職エージェントサーチ

 

転職エージェントとは転職のプロがあなたの担当となり、あなたの能力、キャリアを分析し、年収アップ・キャリアアップのための施策やアドバイス、企業との交渉も実施してくれるのでとても頼りになります。無料で利用できますが、一人一人に担当者が付くため、今すぐ転職したい人、本気でキャリアップしたい人以外は利用しないようにしてください。

 

転職エージェントについては⇒人材紹介会社(転職エージェント)と出会える転職サイトの活用法

 

流行のSNS転職も忘れずに

 

その他、Facebookのアカウントがあればすぐに登録・転職活動を開始できるSwitchも押さえておきたいですね。

 

登録しているかどうかは他からはバレないので、働きながらこっそり転職活動をしたい人におすすめです。

 

⇒Facebookで手軽に転職活動できるSwitch.

 

以上、複数社登録するのはなかなか面倒ですが、1社しっかり登録すれば書くことはほとんど同じですのでそこまで手間ではありません。転職サイトは一度登録してしまえばスカウト機能もありますので、働きながらも転職活動をすることができ、便利です。まずは1社しっかり登録するようにしましょう。

 

当サイトではその他、転職サイトに関する情報を掲載していきます。

 

以下のメニューより転職サイトに関する情報を参考にしてください。

 

転職サイトの使い方 メニュー

各転職サイトの特徴

上記で紹介したリクナビなどの大手転職サイトの情報の他、最近勢いのあるwantedlyやジョブセンスなどの会社についても紹介しています。

 

転職サイト基礎知識

転職サイト全般についての情報を書いています。転職エージェントと出会えるサイトの紹介や内定が決まりやすい時期等、転職活動に役立つ情報を紹介しています。

 

転職成功体験談

転職サイトを使って転職を成功させた体験談を紹介しています。転職サイトを使った転職活動の実際の流れを参考にしてください。

リクナビのスカウト登録は済ませておこう!


 
TOP リクナビ マイナビ DODA 転職基礎知識